オススメネット婚活サービス

ネットでの婚活にもいろいろなかたちがありますね。インターネット型・Facebook 型・パーティー型などなど。

当サイトでは、それぞれの婚活において、もっともオススメできるサービスをリストにしました。参考にしてください。

ブライダルネット(インターネット型)

guまずは、もっとも一般的なインターネット型から。手軽に始められるぶん、怪しい男性の会員も多いのが特徴。入会にあるていどハードルをもうけている会社をオススメします。

なかでもオススメは、ブライダルネット。SNSタイプのサービスで、プロフィール検索や日記機能などもあるため、男性の人となりがわかって安心できます。

料金は入会金無料・月額2500円なので、この手の婚活サイトとしてはリーズなるブルですし、カップル成立しなければ全額保証してくれます。

まずは匿名で、お試し交際をして、その後本名などが公開されて本格交際へ至るというシステムも安心できます。

インターネット型婚活サイトでは、もっとも婚活にたいして真面目な男性が多いのが特徴です。そのぶん、結婚にたいして構えてしまっている男性が多いのですが、そこもある意味で魅力であると考えます。

日本最大級のネット婚活『ブライダルネット』

ペアーズ(pairs)(Facebook型)

img_deviceインターネット型とも近いですが、Facebook を利用した婚活サイトのペアーズもオススメ。Facebook を利用した婚活サイトはたくさんありますが、ペアーズがもっとも会員数が多いですね。

Facebook を利用しているとはいっても、タイムラインにでちゃったり友達にバレる心配はありません。匿名で利用可能です。男性は有料ですが、女性は無料です。

ペアーズ【pairs】

PARTY☆PARTY(パーティー型)

affb_afb3279

婚活パーティー型婚活サービスはたくさんありますが、規模が大きくて安心してオススメできるのはPARTY☆PARTYですね。

価格は比較的リーズナブルですし、少人数制のパーティーも多いのでじっくりと男性を見極めることができます。男性の条件は非常に細かく設定されているので、「こういう男性じゃないとダメ」などのこだわりがある女性にはとくにオススメします。

PARTY☆PARTY

ブスは出会いに不利じゃない!婚活パーティーでモテ女になる5つの秘訣

美人には敵わない……」なんて誤解をしていませんか?

容姿に自信がない、はっきり言ってブスな女性の場合は、身近な場所でなかなか出会いのきっかけをつかみにくいですよね。

そんなあなたが「彼氏が欲しいわ!」と思うなら、インターネットの婚活サイトを利用するのをおススメします。

結婚相談所という手もありますが、結婚相談所だと、周りから「そこまで困っているのね…」なんて生暖かい目で見られそうで、確かに微妙…。

そのてんインターネットなら周りにばれずに出会いをセッティングできますし、多くの男性が登録をしていますから、きっと自分を気に入ってくれる男性に出会えるはずです。

ただ単に異性に出会うだけでなく、その先の将来を考えているのなら、ぜひ出会い系サイトの婚活パーティーに参加をしましょう。

結婚を夢見るたくさんの仲間に混じって楽しく相手を探すことができる婚活パーティーなら、肉食系女子でも、肉食系になりきれない控え目な女子でも参加がしやすいですし、「ちょっといいな」と思える彼氏と直接顔をあわせて恋愛から始めることができるので、ゴールインへの成功率も高いんです。

「でも、ブスの場合は直接会うより、メールから始めたほうがいいんじゃないの…?」なんて考えちゃいけません!

見た目で男の心を引き付けられないからこそ、ブスは直接顔を合わせる出会いから初めて、自分の女性らしさをアピールしなきゃ駄目なんです。

ブスだっていいじゃない!男は女を求めてる!

出会い系で異性と出会う手順としては、まずは自分のプロフィールを登録をして、自分の提示する条件に合った男性会員を探してマッチングをし、よさそうな相手にメールを送って徐々に仲良くなっていよいよ顔合わせ、そしてデートと進んでいきます。

自分の容姿を気にしてなかなか恋愛のチャンスがないブス女の場合は、「顔を見られないぶん、メールが気楽」と思いがちですが、これだと実際に会うまでの期間が長く、相手に余計な期待をもたせてしまうので、出会った時に「思っていたのと違った!」というギャップを抱かせやすいんです。

そうなると、次のデートにつながっていかないので、ブス女の場合はメールなどの手順を踏まずに出会いの場に飛び込んでいいった方がいいんです。

確かに、婚活パーティーは女性同士の競争が激しいのも事実です。

婚活パーティーで誰もがハッと目を留めるような美人に出会うと、「さぞかし、男性にもてるんだろうなぁ…」とはなから負けた気になってしまいますが、実はこういった出会いの場では、思ったほど美人がモテモテになるわけではありません。

なぜなら、出会い系を利用している男性は、美人をみると主催者や悪徳業者が差し向けているサクラではないかと疑って、美人を敬遠する傾向があるからです。

そもそも美人はそれほど異性の出会いに困ることはなく、美人は、「サクラでなくても、よっぽど性格が悪くて男が見向きもしない女」と判断されやすいんですよね。

つまり、出会いの場で男の目が向きやすいのは、平均並みな容姿の女性のほうなんです。

今の世の中は化粧の仕方やファッションの選び方によって、美しい人はさらに美しく、そうでない人もそれなりに見せることができますから、ブスだからと引け目を感じるのではなく、どんどん出会いの場に顔を出していきましょう。

ブス女でも出会い系でモテモテになる秘訣5つ

とはいえ、化粧やファッションでカバーをしても、所詮ブスはブス。

悲しいかな男性は女性の見た目に左右されやすく、見た目で女性の中身をイメージしやすいので、平均並みな容姿の女性に到底勝てないようであれば、積極的に「私ってブスだけど、こんなに女らしいの!」と、男性好みの女であることをアピールすることが必要です。

婚活パーティーでモテ女になる5つの秘訣をご紹介しますから、顔の形を変えられないのであれば、立ち居振る舞いや体を変えて、自分の魅力を出していきましょう。

1.女性の方から積極的に声をかける

出会い系には、恋愛ベタな男性も多く参加しています。

壁の花になっている競争率の低い男性が狙って、自分が「話して楽しい女」であることをアピールしましょう。

2.会話はあくまでも聞き役に徹する

男性が女性との会話で楽しいと感じるのは、思い切り自分の主張を聞いてもらった時です。

会話ではあくまでも男性の聞き役に徹して、自分が「癒し系の女」であることをアピールしましょう

3.極端な自己主張はしない

男性は会話の途中で反論されたり議論を吹っ掛けると気分が冷めてしまいます。

極端な自己主張は控えて、自分が「面倒くさくない女」であることをアピールしましょう。

4.可愛く頼る

やっぱり男性は女性から甘えられたり、頼られると嬉しいものです。

下から見上げるような目線で可愛く甘えて、自分が「可愛い女」であることをアピールしましょう。

5.女性らしくボディをもっている

どんなに紳士然としていても、男性は女性の体に興味津々です。

顔が変えられない代わりにボン・キュッ・ボンな体作りに力を入れて、全力で「魅力的な体の女」であることをアピールしましょう。

出会い系を利用する男性が求めているのは、自分を良い気分にさせてくれる女性です。

ブス女だからこそ男性の目を意識して、しぐさや会話で男心を引き付けることが大事ですよ。

婚活パーティーで美人がモテない理由

最近めっきり「婚活」という言葉が浸透してきましたが、結婚相談所はやっぱりどこか「焦っている」というイメージがあって、しり込みしてしまう女性は多いですよね。

そんな場合はインターネットの婚活サイトに登録をして、婚活男子・婚活女子が気軽に出会える婚活パーティーに参加するのがおススメです。

婚活パーティーであればお膳立てされたお見合いではないので、自分に合った男性を、自分のフィーリングで選ぶので、恋愛の醍醐味も充分に味わえますよ。

でも、美人さんの婚活女子の場合は、こういった気軽な婚活パーティーで男性から敬遠されることが多いようです。

女性の目から見ると、「ちょっと、私の近くに来ないで!」なんて焦ってしまうような美女なのに、気がついたら壁の花になって、美女が一人でドリンクを飲んでいるなんて光景もざらなのですが、なぜ美人は婚活の場でモテないのでしょうか?

今回は美人が婚活パーティーでモテないという実態に迫りながら、美人さんの婚活女子が、婚活パーティーでモテモテになるための秘訣について、ご紹介していきます。

美人がモテないのはサクラだと誤解をされているから!

さて、あなたは自分の容姿に自信がありますか?

ここではっきりと「私は美人!」と言い切ると、女性からは「嫌な女」と言われがちなのですが、美人であることは男性を惹きつける最大の武器です。

なぜなら、男性は女性よりも、第一印象に左右されやすいから。

女性の場合は結婚相手を選ぶ場合、外見やルックスだけでなく学歴や職業、収入や家族構成などの条件を検討しながら、本人の人柄をチャックしていきますが、男性の場合は、収入などはそれほど重視する必要はありません。

ぶっちゃけ自分よりも若くて、可愛い性格ならそれでOKとなるわけなのですが、出会った女性が自分に合うかどうかを考える一番最初のハードルが、女性の外見、美人であるかどうかです。

そりゃ、当然美人である方が男性の目を引きやすく、「声をかけて、アプローチしてみるか!」という気を起こしやすくなりますよね。

こういった男性によく声をかけられるという特権は、自分が美人だと自覚している女性であれば必ず味わったことがあるはずです。

ところが、婚活パーティーなど出会いの場にいくと、なぜか美人なのにモテない…。

実はコレ、婚活パーティーに参加する男性は「美人=サクラ」というイメージを持っていて、無用のトラブルを避けるために婚活男子が美人を避ける傾向があるからなんです。

「ええつ、なんで?」と思う美人さんも多いかもしれませんが、美人がこういった扱いを受けることには、美人であるがゆえに身についている次のような理由があげられます。

  1. 誘われることに慣れていて、自分から積極的に動かない
  2. 自分にあわせたルックスを求め、容姿の劣る相手にはつっけんどんな対応をしがち
  3. 男性に言い寄られ慣れしていて、隙を作ってやらない

出会いの場や婚活の場にいる「サクラ」とは、会を盛り上げるために主催者にやとわれている女性や、悪徳業者にやとわれて男性の個人情報などを狙っている女性をいいますが、基本的に婚活パーティーなどに紛れ込んで働くための第一条件は、多くの男性の目を引きやすいように容姿が優れていること、すなわち美人であることです。

婚活パーティーは、「本気で結婚をしたい男女が、お相手をみつけるチャンスをゲットする場所」なので、美人が自分から動かずに、婚活に消極的な態度でいるとなると、男性は「婚活をする必要もないのに参加している。何かウラがあるのでは!?」とか、「悪徳業者のサクラなのか?」と疑って、美人を敬遠してしまうんですね。

もうサクラだとは言わせない!美人が婚活パーティーでモテる秘訣

今の世の中は化粧の仕方やファッションの選び方によって、美しい人はさらに美しく、そうでない人もそれなりに見せることができますが、やっぱり生来の美人に勝るものはありません。

ですが、美人が美しいのはもともとの素質もさることながら、自分で体を美しく保つために努力をしている結果でもあります。

それだけ努力をしているのに、婚活パーティーでは婚活競争に負けてしまうのって、ちょっと悲しくないですか?

そう思うなら、まず自分の態度を少し見直していきましょう。

第一に直さなくてはいけないのは、「男は向こうからやってくる」という態度です。

婚活パーティーでは自分から、積極的に男性にアプローチをして、魅力をアピールしましょう。

婚活においてモテる女性は、男性を良い気分にさせてあげる、可愛い性格の女性です。

男性側からのチェックの厳しい美人さんだからこそ婚活パーティーではちょっと注意をして、立ち居振る舞いにはつぎの点に注意をすることをオススメします。

  1. 男性の話を熱心に聞いてあげる
  2. 相手の意見を頭から否定しない
  3. 真っ向から反対意見を言わない
  4. 甘えすぎず、自立をしている部分も見せる。
  5. 「〇〇して」ではなく、「お願いしてもいい?」と可愛く頼る

この5つをおさえておくと、外見が美人なのに加えて性格も可愛い、結婚相手としては最強のモテ女になれます。

美人であっても、相手のある婚活にはさまざまな悩みがつきまといますが、婚活パーティーは結婚相手を見つける入り口です。

大事な入り口でつまづかないように、美人だという自分の最大の利点を生かして、ステキなパートナーを見つけて下さいね。

アラフォー女性が婚活アプリで良縁を引き寄せるコツ

スマホで手軽に婚活が行える「婚活アプリ」が人気を集めていますが、アラフォー女性にとっては、”年齢の壁”により、なかなかうまく良縁に繋げる事ができないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?婚活アプリで良い出会いを引き寄せるためのコツをご紹介します。

男性を惹きつける写真をアップしよう

婚活アプリで重要なのが「プロフィール欄」です。なかでも顔がわかる写真は、掲載の有無で男性からの反応が全く異なります。

顔出しするのは恥ずかしい……。見た目で判断されたくない。

そんな声も聞こえてきますが、婚活アプリは”少ない情報の中で実際に会ってみたい”と思わせる事が必要になります。少しでも興味を抱いてもらうためには、写真を掲載して男性に自分の印象をアピールする事が大切です。

ただし、使用する写真は大人の女性らしく、自然な笑顔で写っているものが理想的です。

光を当て過ぎたもの、加工しすぎの写真はイタイ印象を与えてしまうため、良縁を逃す事に繋がります。少しだけ顔を明るくしたり、キレイに見せるのはOKですが、10代、20代のようなプリクラ、スノーを使ったアプリ写真は控えましょう。

自己紹介欄はきちんと充実させよう

こちらもプロフィール欄の1つになりますが、自己紹介の欄はできるだけ質問事項を埋めてください。自由欄のところには、趣味や好きな事、休日の過ごし方などの細かな情報を掲載しておきましょう。自己紹介を読むだけで、人物像が思い浮かべる事ができるような内容に仕上げると、男性からの連絡が来やすくなります。

明るく爽やかな印象を持ってもらうために、300字以内で簡潔にスッキリと文章をまとめるのがおすすめです。

自分から積極的に男性にアプローチしよう

若い時は異なり、男性からのアプローチを待っているだけでは良縁に巡り合えません。婚活アプリは条件選択により、絞り込み検索をする事が可能です。女性が男性に安定した収入を求めるように、男性は女性に若さを求める人が多いため、アラフォー年齢になると男性の検索内に入らず、プロフィール欄すら見てもらえない事も……。

そのため、気になった男性には自分から積極的にアプローチをしてみましょう。特に、趣味や嗜好が一緒な男性にアプローチをすると、「話しをしてみたい」と思ってもらう事ができます。

アラフォー女性が婚活アプリで良縁を引き寄せるまとめ

アラフォー女性が婚活アプリで良縁を引き寄せるためには、とにかく自分の魅力を1人でも多くの男性にアピールする事が大切です。自分のチャームポイントを見つめ直し、上手に自己アピールをしましょう。

アラフォー女性の婚活は理想よりも実を取ろう! 実践的結婚相手の選択方法

仕事が忙しかった、1人に縛られるのが嫌だったから結婚しなかった、そんな様々な理由で40代まで独身で来てしまったあなたは今苦境に立たされています。

この年令になってふと考えるはずです。老後はどうしよう? と。

若い内は女性1人で独身生活を楽しんでも困ることは全く無かったでしょう。むしろ他人に気を使わなくていい分気楽に生活ができていたはずです。

しかし、結婚適齢期をそんな風に過ごしてアラフォーと呼ばれる年齢になって、将来を見据えた時、きっと愕然としたのではないでしょうか?だからこそアラフォー女性は結婚に真剣になるべきなのです。

結婚相手の選び方

アラフォー女性が相手を選ぶ場合、大切なことがいくつかあります。1つは同年代もしくは自分より若い相手との結婚はかなり難しいということです。

そしてもう1つが子供を期待するのが難しいということです。これはかなり辛い話ですが、いくら医療技術が発展したとしても、やはり高齢出産は危険が大きいものです。

たとえ貴女が子供が授かったら危険でも産みたいと思っていたとしても、相手の男性が子供を望む場合アラフォー女性を選ばないだろうということを覚えておきましょう。

老後を一緒に過ごしたい、お互いを助け合って暮らしたい、そういった相互扶助のような関係の相手を選ぶのがアラフォー女性の最も現実性のある婚活です。

年上を選ぶ

男性が結婚相手を探す場合、もし子供を望むなら、40代男性は決して同年代以上を結婚相手に選ばないでしょう。どうしても出産の問題が頭にチラついてしまうからです。

また、男性にとってやはり魅力的なのは若い女性なので、同年代以上にはあまり魅力を感じないということもあります。もちろん世の中には年上が好きという男性もいますが、あまり一般的ではありません。

逆に言うと、年上の男性からすれば40代の女性でも十分魅力的です。また50代から60代の男性は社会的な地位も固まっていて、生活の基盤もはっきりしている人がほとんどで、安定した結婚生活を望むことができます。

そしてなんといっても、もう自分はおばちゃんだと内心思っている貴女でも、存分に甘えさせてくれる年齢差は、実はとても魅力的なのです。

子供はいらないけど生活の相手がほしい人を選ぶ

男性の中には子供を育てるのは無理だけど、老後まで一緒に生活するパートナーは欲しいと思っている人がいます。若い時期を仕事や趣味に費やしてふと老後に不安を感じた人達です。

こういったタイプはお互いにあまり干渉し合わない仕事仲間のような結婚相手を探す傾向があります。もし、貴女も恋愛ではなく生活を支え合うパートナーを欲しているなら、同じ考え方の相手を探すべきでしょう。

はっきりと言ってしまえば孤独死だけは避けたいという人が一定数存在しているのです。そういった相手を探してお互いを主張し合わない結婚を選ぶというのも、1つの考え方として有りではないでしょうか。

アラフォー女性が婚活でねらうべき男性の年齢

婚活をしていてもなかなか収穫がないなんて方は多いですよね。晩婚化な現代ニッポンでは、アラフォーで初婚というケースも増えていますが、それでもアラフォー女性の場合、婚活で有利な立場にいるとは残念ながらいえません。

そこで改めて意識してみたいのが「アラフォー女性が婚活でねらうべき男性の年齢」です。

同年代の男性を求めているとキビシイかも……

「結婚するなら同年代の男性がいい」と、自分とまったくの同年齢、あるいは2~3歳程度年上の男性をターゲットにして婚活をしている方も多いと思います。実際、世間のご夫婦を見てみても、同年代でのご夫婦は結構多いように感じますよね。

ですがアラフォー女性の場合、同年代の男性ばかりをターゲットにしながら婚活をするのはあまりオススメできません。

アラフォー男性が求めるのは

アラフォー女性と同年代、つまり30代後半~40代前半の男性は、自分より年下の女性を好む傾向にあります。具体的にいえば、アラフォー男性はアラサー(20代後半~30代前半)くらいまでの女性を好むことが多いということです。

ですから同年代というこだわりがありすぎると、それが足かせとなって婚活が上手く進まないなんてことも十分に考えられます。

こだわりを持つのは大事なことでもあるのですが、もし婚活で失敗続きという状況になったのなら、今あるこだわりの条件を少し見直してみるといいかもしれません。

アラフォー女性にオススメの年代

アラフォー女性にとって、自分と同年代の男性をターゲットにするのはあまりオススメできないのですが、だからといってアラフォー女性が婚活において需要がないというわけではありません。

アラフォー女性にオススメなのが、40代後半~50代以上の男性です。

それくらいの男性の中には、アラフォーにあたる年代の女性が良いと考えている方も決して少なくありません。男性は一般に若い女性が好きと言われますが、アラフィフ以上の男性にとってはアラフォー女性も十分お若いですし、またアラフォーならではの落ち着きなども魅力ですから、婚活では是非アラフィフ以上の男性を中心にターゲットをしぼっていってはいかがでしょうか。

婚活をずるずる引きずらないためにも

相手の年齢をしぼって婚活をするのは時にツラいこともあるかもしれませんが、ある程度ターゲットをしぼりこめるような条件があったほうが婚活を効率的に進めやすくなります。

婚活方法にもよりますが、結婚相談所などを利用すればお金もかかりますから、あまり長いこと婚活はできないという方も少なくないと思います。

だからこそ、ある程度割り切れるところは割り切って婚活を進めていくことも大切になってくるのではないでしょうか。

恋人がいても婚活ってできるの!?幸せをつかむ方法は?

恋人がいるのに婚活してはいけないってことはないんです!

結婚は愛する二人がともに生活し、新しい家族を作ることです。

当然大好きな恋人や交際中の異性がいる場合には、その相手と結婚をすることを意識するものですが、結婚はなんといっても二人のタイミングが大事です。

「仕事がのっているから」とか、「もうちょっと自由な生活を楽しみたい」など、相手の気持ちが自分のように結婚に向かわずに、歩みが止まってしまうということは結構多いですね。

その他にも、今の恋人とは結婚観が一致せず、付き合ってはいるけれども、お互いに将来を共にしたいと思っていない恋人同士も多いです。

でも、気を付けて!そういった先のない交際をダラダラと続けていると、あなたが一番輝いている、結婚適齢期を逃してしまうかもしれません。

恋人がいてもゴールインに向かう可能性がないのなら、自分からドンドン婚活をして、自分の幸せを切り開いていきましょう。

恋人がいても婚活をするならネット婚活がおススメ!

「恋人はいるけど、別に婚活をする」というと、一見不誠実なイメージを持たれてしまいがちですが、実はこういう人、婚活の場には意外とたくさんいます。

一般的に結婚に焦りを感じやすいのは、妊娠・出産に生物的な限界のある女性が多く、これに対して男性の場合は家族という大きな責任を抱え込む決心がなかなかつかない人が多いので、二人の気持ちがすれちがってしまい、彼女を婚活に向かわせてしまうんですね。

恋人と別れて結婚を考えられる相手を探したいと思っても、「もし、結婚相手が見つからなかったら、淋しいし……」そう考えると、今の恋人と別れられない気持ちもわかります。

できれば恋人とのお付き合いを損ねないように婚活をしたいと考えるのなら、結婚相談所や婚活パーティーは不向きです。

自分のスマホでも簡単にお相手探しができる、ネット婚活をすることがおススメです。

ネット婚活であれば恋人にバレるリスクは低いですし、結婚相談所のような高額な入会金も必要なく、たくさんの異性の中から自分の希望する条件に合う人を探すことができますよ。

恋人アリの婚活を成功させるポイント

恋人アリの婚活を真面目に成功させたいのであれば、守るべきポイントはただひとつ。

真剣に婚活相手を求める。ただそれだけです。

「結婚に興味のない恋人を振り向かせたくて」なんて婚活理由はダメですよ。

これでは婚活をして出会えた人の魅力を正しく理解することができずに、婚活は成功しっこありませんし、万が一それがバレたときには、お相手も、恋人だってドン引きです。

心が決まったら、自分が結婚に何を求めるのか、パートナーに必要な職業、年収などの条件をしっかりまとめて、婚活サイトに登録していきましょう。

なにより大事なのは、自分の結婚観を共有することができるお相手を探すことですよ。恋人では得られない「結婚」という幸せをゲットするために、真剣に婚活に向き合っていきましょう。

婚活って恥ずかしい!?マジメさんが婚活で成功するポイント

「今まで恋人はいたけれど、なかなか結婚をする方向に向かわない」とか、「異性との出会い自体がない」など、婚活をする理由はさまざまですが、婚活をしているのに良い結果が全然でない人は、心のどこかで、「婚活なんて恥ずかしい……」と思っていませんか?

一昔前は、ある程度の時期になったら釣り合いの合う相手を周りが見つけてお膳立てをしてくれましたが、恋愛が自由になった今では「結婚相手は自分で見つけるもの」という考え方が固着して、「結婚相手を自分で見つけられない」=「ダメ人間」と自分で自分を追い込んでしまっている人が多いです。

こういった人は、どうしても婚活に熱心になれなくて、結婚相談所に登録して高い入会金を支払ったのに積極的に婚活ができなかったり、ネット婚活をしても相手を選べないというジレンマに追い込まれがちです。

こういった真面目な人が婚活を成功させるポイントなどについて、詳しくご紹介していきます。

婚活は恥ずかしいことじゃないんです!

親しいお友達同士の中では自分が婚活をしていることを打ち明けられても、職場の同僚や上司に対して、「婚活してるんです!」って言えないって人は多いですよね。

結婚が決まったら自然な出会いの恋愛結婚であることをアピールすればいいやと、コソコソと婚活をしていて、大事なお見合いの日に「今日予定ないよね、残業ね~」なんて上司に押し付けられて、トホホ・・・なめにあった人も多いはず!

婚活で成功をしたいのであれば、まずこの「婚活は恥ずかしい」という気持を何とかしていきましょう。いいですか、少子高齢化の進む現代では、理想の相手に自然に巡り合える機会はどんどん減っています。
だからこそ多くの人が婚活にせいを出していて、いまや婚活は決して恥ずかしいことじゃないんです。

そもそも婚活とは、パートナーを求めて結婚し、新しい家族を作るという、男女が幸せになるための活動です。幸せになるための活動が、どうして恥ずかしいことがあるでしょう。マジメに社会的な幸せを追い求める自分をもっと褒めてあげて、婚活することに自信を持っていきましょう。

婚活を恥ずかしがる人の成功の5つのポイント

さてさて、婚活に対してどこか引け目を感じている人は、どうしても自分の行動に自信が持てず、お見合いパーティーなどに参加しても、なかなか自分をアピールできないことが多いようです。

結婚を真面目に考えすぎている人は、少し肩の力を抜いてみましょう。

婚活を恥ずかしがる人に守ってもらいたい、婚活成功のポイントを5つご紹介しますので、頑張ってみてくださいね。

  • 「結婚したい」「婚活中です」を言う本音を素直に相手に伝える
  • 相手に自分を合わせようとしない
  • 相手のアラを探して、断るきっかけを探さない
  • 好みの範囲や希望の条件を狭くしない
  • 自分から相手へアクションをかける

厳しいことを言うようですが、結婚は、「結婚したい」と思っているだけではできません。

婚活はやった人しか成功しないのです。

本当に自分が人生の中で「結婚」という幸せをつかみたいのなら、恥ずかしがらずに婚活に取り組んでいきましょう。

アラフォー女性が婚活で勝ち抜くためにすべき8つの意識改革

これまで婚活でうまくいっていないなら、そろそろ意識改革が必要かもしれません。

本日は、アラフォー女性が婚活で勝ち抜くためにすべき8つの意識改革をご紹介します。

恋愛対象の年齢を決めない

「自分よりも年上じゃなきゃいやなの」
「おじさんよりも若い男の人が絶対いい!」

そんな風に恋愛対象の年齢幅を決めつけてしまってはいませんか? 飲み会や紹介にせっかく誘われたのに、年齢を理由に会うこともせずに断ってしまっているようではいつまでたってもチャンスには巡り合えません。大切なのは実年齢よりも自分にあった精神年齢を相手が持っているかどうかです。相手の年齢ばかり気にして自ら婚活の幅を狭めることがないように、まずは会って話して自分とのフィーリングが合うかどうかを確認してみてください。

年齢で引け目を感じない

歳を重ねることで男性に対して卑屈になってしまう女性がいます。確かに若い女性はそれだけで自分に対して自信がありキラキラしています。

合コンで若い子にまざって同じ戦い方をして勝負に挑めば、ばあっさりと撃沈してしまうだけでしょう。だからと言って「どうせ歳だから…」と、卑屈になってしまえば魅力はますますくすんでいってしまいます。年下男性にアプローチをされたのに、「遊ばれて終わるかも」「何か裏があるのかも」なんて傷つくことが怖くてバリアを張ってチャンスを逃してしまわないように、年齢は意識しながらも決して引け目を感じないようにしてください。

若作りより年相応の美しさを身につける

いくつになっても自分が一番輝いた時代を引きずったメイクをしていたり、若い子を意識して同じような髪型やメイクをしているのはNGです。美魔女なんて言葉がメディアではもてはやされていますが、どんなに美しい女性でも頑張りすぎて若作りをしていれば、男性から見れば「痛々しい」と思われるだけです。

年齢を重ねることによって出てくる色気や抜け感こそアラフォー女性の魅力です。無理な若作りをして勝負に出ることのないように気をつけましょう。

気配りで若い女性と差をつける

男性にモテたいからといって、過度にボディタッチをしてみたりぶりっ子をして気を引こうとするのはアラフォー女性には似合いません。「結婚に対して必死すぎる女」になってしまえば負け犬街道まっしぐら。男性が捕まらないように全力で避けて通る地雷女になってしまう一方です。男性がアラフォー女性に感じる魅力は、年齢を重ねた落ち着きや気配りにあります。

一緒にいて居心地の良い女性になれば、男性にとって離したくない女性になることができるはずです。甘え上手よりも気配り上手な女性を目指しましょう。

とにかく「結婚をしたい」という強い意志を持つ

「結婚をしたい」と強く願うあまり男性に対して必死になりすぎるのはNGではありますが、だからといって結婚に対して諦めを持っている女性はいつまでたっても婚期を掴むことはできません。

「結婚を常に意識して行動をすること=必死」とは決してなりません。必死な女性とは、結婚をしたいあまり男性のいいなりになってしまうようなプライドの低い行動をとってしまう女性のことです。自分をないがしろにするような男性はあっさりと切り捨てる勇気を持ち、結婚に向けて無駄な時間を過ごさない潔さを身につけるようにしましょう。

婚活パーティーに行くならできるだけ若い女性に入る企画を選ぶ

婚活パーティーに行くのに女性の対象年齢が若すぎるものを選んでしまえば、若いだけで女性がちやほやされているのを目の当たりにしてプライドがズタズタになって帰ってくるだけでしょう。できるだけ年齢の幅が広いものを選んで自分が一番年上になってしまわないように気をつけたり、男性の年齢も年上男性が多いものをチョイスするようにするなど、自分が若い女性に入る企画を選ぶようにしてください。

理想を高く持ちすぎない

「結婚できるのなら誰でもいい」と考え方を変えろと言っているわけでは決してありません。ただし、自分の今考えている結婚相手に求める理想像が、本当に現実的なものなのかを改めて考える必要はあるかもしれません。「相手の年収は最低でも500万円以上じゃなきゃ嫌」「ハゲやデブは絶対に無理」「イケメンじゃないと恋愛対象には考えられない」。

これらのことは若い女性なら許されていた理想かもしれませんが、アラフォーになれば残念ながら高望みと言われてしまうものばかりです。アラフォーの女性と同年代の多くのアラフォー男性は結婚をしています。最低ラインの理想と考えている男性は、もうとっくに他の女性によって目をつけられて、さっさと結婚をしてしまっている現実をみてください。

相手に多くを求めすぎてしまった結果どんどん結婚への道のりを遠ざけてしまうことがないように、きちんと現実に目を向けるようにしましょう。

妥協で結婚を決めない

理想を下げる必要はあるかもしれませんが、だからと言って焦ったあまり妥協で結婚を決めてしまっても失敗をしてしまうだけです。結婚は人生の途中地点であってもゴールではありません。幸せになりたくて結婚をしたいはずなのに、自ら茨の道を選ぶようでは本末転倒もいいところ。この先何年も何十年も死が2人を分かつまで一緒にいたいと思える相手かどうか、きちんと見極める冷静さも持つようにしてください。

モテるアラフォー女性に共通する7つの秘密

いくつになっても男性からモテる女性っていますよね。

彼女たちには一体どんな共通点があって、どんな行動をとることで男性に愛される要素を作り上げているのでしょうか。注目すべきモテるアラフォー女性の共通点を7つご紹介したいと思います。

自分に自信がある

男性からモテるアラフォー女性は自分のことを決して安売りすることはありません。

確かに、いくつになっても男性は若い女性が好きであり、市場価値は20代の頃に比べてしまえば年々下がってはいくのは事実です。だからといって男に媚を売ったり、若い女性にはりあってみたり、自分をよく見せようと頑張りすぎてしまえば、その必死さは男性にも伝わってしまい引かれてしまうことが多いでしょう。

モテるアラフォーは、決してそんなみっともない真似はしません。自分に自身があるからこそいつでも自然体でいることができ、男性にとっていくつになっても恋愛対象になる魅力的な女性にうつるのです。

所作が上品である

20代までは多少ガサツだったり、言葉遣いが荒っぽくてもその生意気さが可愛らしく思われていたかもしれません。

しかしながら30代を超えてもそのままの状態を続けていれば、周りから下品な女性だと思われて一気にその女性の価値は急降下してしまうでしょう。

また、年齢を重ねるごとに女でいることに対して恥ずかしさや劣等感を感じてしまい、わざとおばさんくさい言動をしたり謙遜をするような行動を取ってしまう女性もいますが、それも逆効果です。モテるアラフォー女性はいくつになっても女性らしく所作が上品です。

背筋はピンと伸ばして指先まで常に見られていることを意識した行動をとってください。歩くときはガニ股ではなく膝を合わせるくらいの気持ちで一歩一歩お尻から歩くことを意識しましょう。こういった一つ一つの美しい動きが、アラフォー女性をより一層魅力的に見せてくれるはずです。

相手に対する気配りを忘れない

男性にちやほやされた20代は、男性が気配りをしてくれることが当たり前だったかもしれません。もちろん、アラフォーになってもレディファーストで紳士な行動を取ってくれる男性は素敵ですが、そんな素敵な男性は気配りの一つも出来ない気の利かない女性を選ぶことはないでしょう。

魅力的なアラフォー女性は、男女関係なく細やかな気配りができる女性です。自分自分の行動は控えて、気配り上手な女性を目指しましょう。

甘え上手である

甘え下手な女性は男性からモテません。男性が好意から手助けをしようとしていても、それを頑なに拒絶する女性がいます。

相手に気を遣っていたり、手助けをされることをプライドが許さなかったりと、理由はそれぞれあるのかもしれませんが、男性からすれば相手から拒絶されたように感じてしまい、非常に可愛げのない行為にしか思えないでしょう。

一方でモテる女性は他人の好意はありがたく受け入れます。男性の優しい好意を無駄にすることなく感謝をして喜び、相手を気分良くさせることも忘れません。甘え上手は愛され上手です。アラフォーでも男心をくすぐる可愛い女性を目指してください。

自分を好きな男性を好きになる

男性に対して理想が高すぎたり、好きになる相手と好かれる相手がマッチしない女性はなかなか恋人ができることがありません。「この人はこんなところがあるから嫌」と、デートをしても減点方式で考えてしまい、簡単に恋愛を先に進めることができないのです。

反対に、モテる女性は自分のことを好きになってくれる人を好きになる柔軟性があります。相手のいいところを見て加点方式で恋愛をするので、愛されながらも自分と相性の良い男性を選ぶのも上手です。
男性に理想を持つことも大事ですが、少しくらい理想と外れていてもデートをしてみて、相手の良いところを見つける努力をしてみてください。思わぬ掘り出し物の恋を見つけることができるかもしれません。

露出よりもチラ見せで勝負する

どんなに美脚だろうがスタイルが良かろうが、アラフォー女性が露出度の高い服装をしていれば痛々しく周りからは映ります。

「スタイルいいし若いですよね」なんてリップサービスを真に受けて本人は満足かもしれませんが、若い男女からすれば所詮はアラフォー。どんなに頑張ったところで若作りにしか見られないのです。露出をするよりも、肌は隠しながらも体のラインを少しだけ強調するようなファッションをした方がアラフォーの色気を上品に引き出してくれます。

無理をしすぎない年齢にあった服装を心がけることもモテる要素の一つなのです。

ファッションよりもスキンケアに気を使っている

モテるアラフォー女性は美肌です。高いブランド品を身につけるよりも、きちんと睡眠をとり、健康的な食生活や運動を心がけ、エイジレスな肌作りに余念がありません。

「特別なケアは何もしてないの」なんて言いながらも、本当のところは美容クリニックなどで定期的な美肌ケアをしている女性は多いです。触りなくなるような透明感のある肌こそ、男性から愛される女性の条件です。お化粧やファッションに力やお金を注ぐよりも、スキンケアに力を入れるようにしましょう。