男性が愚痴を言い出したらチャンス

もしも男性が愚痴を言い出したらどうしますか?

たとえば、上司の悪口を言っていたらどうするでしょう。

この人は上司の悪口をいうなんて性格の悪い人だなって考えて沈黙しますか? 一緒になってその上司の悪口を言いますか? その上司にたいする対応の解決策を教えてあげますか? 自分の上司の悪口をいいますか?

すべて不正解です。

彼が愚痴を言う時というのは「彼を褒めるチャンス」なんです。

もしも彼が上司の悪口を言っているなら、「仕事をがんばっているから不満が出るんだね。一生懸命がんばっていてすごい」といってあげるんです。

基本的に、男なんて、褒めておけばいいんです。そういう女性を探しているんです。そういう女性と一緒にいたいと思うんです。

だから、常日頃、褒めるチャンスを狙っていてください。

その中でも仕事の愚痴を言っているときはチャンスなんです。

男性から褒められた時にどうしたらいいか

男性から褒められた時にどうしたらいいかって困ることが多いですよね。

綺麗ですねとか素敵ですねなんて言われて、肯定するのが恥ずかしいなんて思うことも多いんじゃないでしょうか。

しかし、結論から先に申しますと、かならず「お礼」を言ってください。

「ありがとうございます」とまずは言ってください。

褒めることって大変なんですよ。何を褒めたらいいかわからないし、褒めるのだって勇気がいる。男性が労力をさいて褒めてくれているんです。だから「ありがとう」と言うんです。

そこで、真正面から否定してしまう女性がいます。「いえいえ、そんなことありませんよ」と。

しかし、否定されたら、男性のほうは、またさらに褒める場所を探さなければいけないと思うんです。余計に労力がかかるんです。

お礼を言うのは、自分が褒められたことを肯定していると考えるから、お礼を言いづらいのです。あなたがお礼を言うのは、彼が褒めてくれたという、その行為そのものに対してお礼を言っているのです。

さらにお礼を言ったら、次は、相手の価値を高めることを何かしら言うようにしてください。

たとえば「オシャレですね」と言われたら、

「ありがとうございます。○○さんも素敵ですね。オシャレな人にオシャレって言われると嬉しいです」

なんていうぐらいに、お礼プラスアルファを言うようにしてください。

こんな手癖・足癖に注意

すごく素敵な女性なのに、足がしっかり閉じていなかったり、テーブルの下でハイヒールを半分脱いでブランブランとさせていたり、髪の毛をいじっていたり、そんな手癖・足癖で印象を台無しにしてしまっている女性がいます。

素敵な女性というのは、指先からつま先まで、常に緊張感をもって振舞っているものです。

今回は、手癖・足癖で直すべきチェックポイントをまとめましたので、みなさんも自分に当てはまるところがないか確認してみてください。

手癖

  • 爪を見る・いじる
  • 髪の毛を触る
  • テーブルに肘をついて体重をかける
  • スマホなど、物を常に触っている
  • 指先をコツコツとテーブルに当てる
  • 腕を組む
  • 手を揉む・こする
  • ポケットに手を入れる
  • ものを置くときに音を立てる

足癖

  • 足を開く
  • 貧乏ゆすり
  • 足を揃えない
  • 靴を脱ぐ
  • 足で音を立てる
  • 大きな音を立てて歩く

いかがでしたか? 自分に当てはまっているものがあったら、ぜひ次回のデートで改善するようにしてみてくださいね。

人の印象は会って最初の3秒で決まります。

人の印象は会って最初の3秒で決まります。

これは、よく言われていることですけれども、多くの人がその本当の重要性を理解していません。

最初の3秒で決まるということは、その時に集中すれば、少ない労力で大きな見返りがあるということなのです。

多くの人は、最初の3秒で印象が決まるということは知っていても具体的なアクションをどうすればいいのかを考えません。

最初の3秒の戦略」をきちんと考えておけば、出会いの場で圧倒的に優位に立つことができるのです。

それでは、具体的に最初の3秒でどんなことに気をつければいいのでしょうか。

笑顔

笑顔が大切なんてだれでも知っていることですよね。でも実際には多くの人がきちんとした笑顔を知らないのです。

写真を撮るときに「笑顔になってください」と言われてうまく笑顔を作れなかったことはありませんか? もしくは、写真に写った自分が笑顔じゃなかったなんていう経験はありませんか?

そうなんです。あなたが思っている笑顔は足りないんです。あなたがしている笑顔からさらにすこしだけ口角を引き上げてください。それがあなたの正しい笑顔です。笑顔になりすぎるくらいでちょうどいいんです。

それに、口角を上げると楽しそうな人に見えるだけではなくて、頬の位置が高くなって健康的で若々しい人に見えるんです。

挨拶

あなたはどんな「はじめまして」や「おはようございます」を言っていますか?

早口すぎませんか? 声が低すぎませんか?

自分で自分の声を録音して、最高の挨拶を見つけてください。

面倒ですか?

だけど、最初の3秒で人の印象が決まるということを知っていれば面倒だとは思わないのではないでしょうか。

おすすめは、スマホのカメラで自分の挨拶を動画で撮ってみることです。ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、いろいろなパターンを撮影してみてください。

きっと、印象があまりにも違ってくるのでびっくりするはずですよ。

姿勢

もちろんデートの間は常に背筋を伸ばすのが好ましい。

だけどそれが難しいならせめて最初に会う瞬間だけでも、最高の姿勢を保ってください。

  • 背筋を伸ばす
  • 顎をひく
  • お尻に力を入れる

姿勢が良ければ知的に見えます。綺麗に見えます。健康に見えます。

さらに、相手からの印象だけではなくて、自分の内面が変わります。ポジティブになります。そして、人はポジティブな人を好きになるのです。

たったそれだけのことで、イメージを良くすることができるんだから、意識しないのは損ですよね。

目を見る

目を見るのが苦手な人っていますよね。実はわたしもそうなんです。どうも、相手の目を見る時間を増やせない。

でも、たとえ、普段は相手の目をあんまり見えなかったとしても、一番最初に会った時にはしっかり目を見て挨拶してください。

目をそらしながら挨拶すると「この人は自分に良い印象を持たなかったのかな?」と誤解されてしまいます。

目を見ることで、人は感情が揺さぶられます。その揺さぶられている瞬間に、良い第一印象を残して、自分への好感を確固たるものにしましょう。

また、相手の目を見るときには、目だけを向けるのではなくて、顔全体、体全体を相手に向けてください。斜めに構えてしまっては、不遜な印象を与えてしまいます。かならず相手に敬意をもって正面から挨拶をしましょう。

男性がされたい話を見極めましょう。

男性がされたい話を見極めましょう。

たとえば、会話のなかで難しい単語ばかりを使う人ってイますね。

そういう人は「知的だと思われたい」という欲求を強く持っている人なのです。だから、知的であることに対して「スゴイ」ということを伝えてあげると好感を持たれます。

あなたがされたい話はなんでしょうか?

がんばって運動をしてスリムな体型をキープしていることでしょうか。
オシャレであることでしょうか。
仕事をがんばっていることでしょうか。

あなたが話していてうれしくなっちゃうポイントがあるはずですよね。そして、その話を自然にしてくれる男性とは、いつでも一緒にいて会話をしたいと思うはずです。

あなたがそういう女性になってください。

もちろん、男性にたいしてだけではありません。女性にたいしても、普段から、相手が話したいと思う話をさせてあげるようにしましょう。

さらに高度な話になりますが、人は、自分がしたい話が何なのか気づいていない場合もあります。そこをきちんとすくい取って、その会話へ誘導してあげたら「この人と会話をすると楽しい!」と必ず思ってもらえます。

男性との会話のコツ

男性との会話のコツをまとめました。

関心を持つ。

たとえば、男性が野球が好きだと言っているのに「ふーん」で済ませる女性がいます。わざわざ野球の話をするということは、野球に関心を持ってもらいたいのです。たとえ野球にまったく興味がなくても、たとえば「野球ってどんなところがおもしろいの?」って聞くんです。私はあなたに関心をもっているということを伝えてください。

返事を工夫する。

返事にはいろいろバリエーションを持たせてください。またあいずちはできるだけ大きなリアクションで。うなずきは深くしてください。私はあなたの話を真剣に聞いていますとアピールしてください。

相手の会話にクチをはさまない。

男性が話をしているとき、途中で遮ったりクチを挟まないでください。あなたが口を開いていいのは、男性の話が終わったあとです。

的確に質問する。

関心を持ったら、的確に質問をしてください。

「今はデパートの靴売り場にいるんだけど仕事が忙しくて」と男性が言っているのに「最近はどんな靴が流行っているの?」なんて聞いてはいけません。

男性が聞いて欲しいのは「仕事が忙しい」という部分ですね。さらにいえば、つまりこの男性は、自分が仕事をがんばっているということをつたえたいんです。そのことをしっかりと汲んであげて質問してください。

相手の価値観を尊重する。

人はだれしもいろいろな価値観を持っています。

たとえば男性が、「スマホゲームが大好き」だとしましょう。そしてあなたが、「スマホゲームなんて無意味だし価値のないもの」と思っていたとします。

もちろん、あなたがスマホゲームを好きになる必要はありません。それでも、男性の言っていることをむやみに否定しないでください。そういう考えを持っている人もいるのかと受け止めてください。

人はだれしも、いろいろな価値観を持っています。その価値観は、彼の人生のなかで身につけてきたものです。彼の価値観を否定することは、彼の人生を否定することにつながるのです。

だれしもが多用な価値観をもっているのですから、相手の価値観に違和感をおぼえることがあるのは当然です。しかし、相手の価値観を尊重することは恋愛だけでなく普段の生活でもとても重要なことなのです。

モテる女性はポジティブなのです。

モテる女性はポジティブなのです。

いつも暗い顔で「わたしなんて……」っていっているような女性はモテないのです。

「でも私は根がネガティブだから……」なんて思っている方も安心してください。

ポジティブは作ることができるのです。あなたはポジティブになることができるのです。

どうすればいいのか?

そのためには、「ポジティブであるように行動すること」が必要です。

人の性格や考え方は、行動が規定します。

ためしにおもいっきり笑顔を作りながら、悲しいことを考えてみてください。

どうですか? 難しいですよね。

つまり、行動と逆のことを考えることはできないのです。

ポジティブな考え方をする必要はありません。ポジティブな人がするであろう言動をすればいいのです。

明るく挨拶する。ハキハキとした態度で振る舞う。背筋を伸ばす。

そういうことをひとつひとつクリアしていけば、あなたはどんどんポジティブな人間になっていくのです。

それでもどうしても落ち込んでしまうこともありますよね。元気な行動なんてできない。ポジティブなことなんて言えない。

そんなときは、たとえば、10分だけ落ち込むと決めてしっかりと落ち込んでください。人間はとことんまで落ち込んだら底が見えてくるものです。

大切なのは、きっちり時間を決めること。その時間をすぎたらがんばってまたポジティブな言動をとりもどしてください。

訓練を繰り返すことで、簡単にスイッチを切り替えることができるようになりますよ。

男性に好かれるには「良いコミュニケーション」をとる

男性から好意をもたれるにはどうしたらいいでしょうか。どんな女性に男性は好意を持つのでしょうか。

もっとも簡単で効果的な方法は「良いコミュニケーション」をとることですね。それでは「良いコミュニケーション」とはなんなのでしょうか?

おもしろおかしく話ができる?

色っぽい返答をする?

全然違います。

もっとも大切なのは相手のアクションに的確にリアクションを取れることなのです。

たとえば、挨拶をされたときに、どんな挨拶を返したらいいのか。

静かな声でおとなしく挨拶をされているのに、大きな声で元気いっぱいに挨拶を返す女性がいます。こういう女性はモテません。空気が違いすぎると人は不快になるのです。

あるいは、元気に挨拶されているのに、陰鬱な表情で小さな声で挨拶を返すような女性もNGです。

リアクションはテンションを合わせなければいけないのです。

ものすごくコチラが盛り上がっているのに、ぜんぜんテンションが上がらない男性を不快に思ったことはありませんか? モテない人の多くは、そういうところで同調できないのです。

結婚をするための戦略

30代になって婚活を始めて、なかなか結婚できない女性が増えています。

イケている男性が、30代女性をわざわざ選ぶメリットは何もないという現実を30代になってから突きつけられるという状況には同情もしますが、そんなことはわかっていたことなのではないかとも思います。

20代の頃に遊びたいから、仕事がしたいから、などの理由で結婚をしなかった女性は自業自得なのでしょう。

それなのに、30代になって、キャリアアップや女子力アップに余念がないため、男性のレベルを落とすことができない。

そうやって結婚がどんどん遠ざかっていくという悪循環なのですね。

30代で結婚する女性のほとんどは、20代のうちから彼氏がいて、その彼氏と結婚しているのです。30代から婚活を始める女性はそうとうに不利であることをお直視してください。

また、今の30代女性は、わかいころに多少景気がよかった時代を知っているため、男性に求める年収の基準が高い。正社員じゃなければいけない、年収500万以上じゃなきゃいけないなどなど。

夫婦共働きでいいなら年収300万で十分なんじゃないかと思いますが、キャリアをしっかり積んでいる女性からしたら、年収300万の男なんて男じゃないとまで思っているようです。

ここ最近は「そんな女性ばかりだったら結婚しなくてもいい」なんて考える男性も多いようで、男性が集まらない婚活パーティーもさかんに開催されているようです。

だいたい年収が高い男性のほとんどは恋人がいるか結婚しているかのどちらかなのです。50歳未満の未婚男性は年収400万円未満の割合が84%です。

つまり、年収の高い男性と結婚したいなら、今の恋人や奥さんから奪わなくてはなりません。それほどハードルの高いレースに参加しますか?

さらに、年収の高い未婚男性がいたとします。その人が魅力的であれば、20代前半の若い女性と競争する必要があるのです。

婚活サイトでも30代以上は検索さえされない場合が多くなってきます。あなたがどんなに容姿端麗でも高収入でも検索さえしてもらえないのです。

そこで、あなたにオススメしたいのは、何を妥協するのかを徹底的に考えることです。

見た目が悪くてもかまわない。デブでもいい。定収入でもいい。高齢でもいい。バツイチ子持ちでもいい。

なんでもいいから妥協できるものは何なのかをはっきりさせてください。

不動産屋の物件も同じ。

駅から近くて新築で家賃が安い物件なんてありえないのです。

何を妥協すべきか、何なら妥協できるかをしっかり判断してから婚活に望んでください。

妥協すべき場所をきめるということは、妥協できない場所を決めるということ。

結婚をしたいのなら、そうやって戦略を立てていく必要があるのです。