女性が婚活に成功するための心得

「婚活はしているのに、なかなか進まない……」という悩みを抱えている女性が増えています。

そして多くの女性は「いい人がいなくて……」と言います。

もし、あなたが何回も婚活をしていて上手くいかないのであれば、「原因」を真剣に考える必要があります。厳しいようですが、今のあなたと何も変わらないまま婚活を続けていても、現実は変わらないでしょう。

そこで今回は、婚活を成功に導く心得をお伝えします。

年収600万以上の男性は5%しかいない

婚活が進まない1番の原因は「男性に求める年収が高すぎる」ことです。

女性の多くは「最低600万円以上」を望んでいます。中には「1000万円以上ほしい」という人もいるほど。

しかし、30代男性の平均年収は460万円です。そして、女性が最低年収と考えている600万円は5%しかいないんです。

その上、さらに条件が加わります。

  • 職業
  • 肩書き
  • 外見
  • 性格(優しい人・家庭的な人)

これらの条件を全部クリアできる人は・・・・・・・ほぼ0%に近いですよね。

これでは結婚できなくて当たり前。

「いい人がいない」のではなく「自分に都合のいい条件の人がいない」のです。その現実をまず自覚する必要があります。

そして、結婚とは助け合って一緒に生きること。年収を目的で結婚しても、会社をクビになる可能性もあるし、病気になって働けなくなる場合もあります。

健康で、お金がある時は、心のゆとりもあって、2人の関係は上手くいくでしょう。

でも大事なのはその逆。たとえ、収入が途絶えて、身体も心もボロボロになったときでも、「この人となら一緒に乗り越えていける」と思える人を選ぶべきなのです。

これを心得て婚活をすれば、あなただけの最高のパートナーを見つけることができるでしょう。

男性の金銭感覚を見抜くコツ

結婚相手を見極める重要なポイントは「価値観が近いこと」。その中で、最も結婚生活に影響するのは「金銭感覚」です。

たとえば、食事代、洋服代、娯楽費、子供の教育費など、これらの金銭感覚がズレていると喧嘩になることも。しかし、金銭感覚が近ければ、お互いがストレスを抱えずに生活できます。つまり、「金銭感覚の近い男性」を選ぶことが結婚生活を円満に送る秘訣なんです。

では、男性の金銭感覚を知るにはどうしたらいいでしょうか?

男性は「趣味」に金銭感覚があらわします。

たとえば、ブランド物の洋服や小物を持っていないか?
車やギャンブルが好きか?
収集癖があるか?

お金のかかる趣味の男性は要注意です。

会話の中で、さりげなく探ってみるといいですね。

男性ウケする服装のポイントとは?

男性と女性では、全く同じものを見ても「どう思うか」が全く違います。

その違いが大きく現れるのが、服装です。

女性はブランドや流行にこだわる傾向がありますが、男性が好きな女性の服装は意外とシンプルです。

「男性ウケを狙った服装が、実は全然ウケてなかった……」なんてことにならないように、男性ウケする服装のポイントをしっかり押さえてくださいね。

男性を夢中にさせる「白」の効果とは?

男性に聞いた「デートで女性に着てほしい色」のランキングで常に1位なのは白です。

理由を聞くと、男性は口を揃えて「清楚に見える」「純粋な感じがする」と言います。男性は基本的に「女性は清楚でいてほしい」という願いがあるので、清楚さの象徴である「白」を好む傾向があるのです。

「色でそんなに印象がかわるの?」と思う女性も多いと思います。

これは、男性と女性の脳の違いが影響しているので、女性には一生わからないことかもしれません。ただ、男性は「視覚情報」が恋愛に与える影響が女性より強い、ということを覚えおくといいでしょう。

おすすめは、定番の白いワンピースです。丈はひざ下くらいがいいでしょう。あまり短いと清楚さがなくなってしまうので要注意。素材は、軽くて透明感のあるものがいいでしょう。清楚さの中に少し色っぽさが出ると、さらに男性ウケはよくなります。

しかし白は膨張色なので、苦手な女性も多いと思います。その場合は、ピアスやブレスレット、バック、靴などのアクセサリーに白を取り入れてみるといいですよ。

「チラ見せ」と「ボディライン」で男性本能をくすぐる

なんといっても男性は女性の身体のラインが大好きです。女性特有の「胸やお尻などの丸み」や「柔らかくてモチモチしている肌」を見ると男性は無意識に視線がいってしまうものなのです。

女性からすると「スケベ!」とか「いやらしい……」とか感じるかもしれません。しかし、これは男性の本能であり、警察官であろうが学校の先生であろうが、どんなにキチンとした固い職業の男性でも同じです。
「男とはそういうものである」と思ったほうがいいでしょう。

その男性心理を上手に利用して男ウケする服装が出来れば、男性は喜んであなたを意識し始めます。そして、あなたも男性から好意を持ってもらえて嬉しいことでしょう。
つまり、win winの関係になれるわけです。

具体的には「チラ見せ」または「ボディラインを強調」した服装です。

そこで多くの女性は「でも、わたしカラダに自信ないから……」と言います。

胸も大きくて、ウエストがくびれていて、美脚で……なんてパーフェクトな女性なんてほとんどいません。もし、いたとしても、その女性はあなたのライバルではありません。

「胸はぺったんこだけど、脚はキレイ」
「胸は大きいけど、お腹がポッコリ出てる」
「脚は太いけど、ウエストはくびれている」

など、人それぞれ優れているパーツが違うんです。自信のあるパーツで勝負すればいいだけなんです。

たとえば、

「胸はぺったんこだけど、脚はキレイ」なら、スカートをはいて美脚をアピール。
「胸は大きいけど、お腹がポッコリ出てる」なら、胸元の大きくあいたカットソーでチラ見せを。
「脚は太いけど、ウエストはくびれてる」なら、ハイウエストのロングスカートで脚の太さを隠しつつ、ウエストのくびれをアピール。

といった感じです。

このように男性を興奮させる要素を外見に取り入れると、男性は想像以上にあなたを女性として意識するものですよ。

男性を虜にする帰り際のテクニックとは?

出会って間もない男女の恋愛の悩みで多いのが「一度デートはできても、次のデートにつながらない……」ということ。

あなたは男性とデートした時に、どうすれば男性の心を鷲づかみにできるか知っていますか?

実は一番重要なのは帰り際です。

帰り際のあなたの「しぐさ」や「言動」が正しければ、あなたは男性を虜にすることができるのです。

デートの帰り際は「未完成感」を残す

「人は完成したものよりも、未完成のまま終わってしまったものの方が気になる」という有名な心理学「ザイガルニック効果」によるテクニックをご紹介します。

例えば、映画の予告をイメージして下さい。続きが気になるシーンがいくつも組み合わされているはずです。そして、1つ1つのシーンは「未完成」。「未完成」だからこそ、続きが気になるのです。

そして、あなたはこのような思考回路になります。

  1. 予告を見る
  2. 続きが気になる
  3. 「あのシーンの後はどうなるんだろう?」「いつ公開かな?」「どのこの映画館に見に行こうかな」など、映画のことで頭がいっぱいになる。

そして、その結果「映画を見に行く」という行動を起こします。これを別れ際に置き換えて考えてみましょう。

  1. 別れ際に「未完成感」を残す
  2. 男性は、デートの続きが気になる
  3. 女性のことで頭がいっぱいになり「また会いたい」と思う

そして、「次のデートに誘う」という行動にでるでしょう。

具体的には、デートの途中でも、時間が来たら「この後、用事があるので先に帰ります。今日は楽しかったです」とお礼をしっかり伝えて途中で帰ることです。

そうすると「途中で切り上げられたこと」に物足りなさを感じて、女性のことが気になり始めます。

自分から帰るのは勇気がいりますが、その分効果は大きいです。

帰り際はあえて「あっさり」別れる

男性をあなたの虜にさせるためには、別れ際に「別れたくない」とか「もっと一緒にいたい」という雰囲気を出さないで、あえてあっさり別れるのもテクニックの1つです。

ここで注意点がひとつ。デート中は思う存分楽しんでください。

そして別れ際は「今日は楽しかった!また!」とお礼を伝えて、笑顔であっさり別れるのです。

「そんなことをしたら男性が離れていきそう……」と思う女性もいると思います。

しかし「デート中に楽しんでいるあなたの姿」と「別れ際のあっさりしすぎてるあなた」のギャップに男性は動揺します。

次第に「何か気に障ることでもしたかな?」と男性は不安になり、頭からあなたが離れなくなるのです。

恋愛はやっぱり見た目が9割?

男性に好みの女性を聞くと「かわいい」「胸が大きい」「目がぱっちり」など、多くが見た目に関する答えが返ってきます。もちろん「優しい」とか「性格が良い」という回答もありますが、女性に同じ質問をしたときと比べると、明らかに見た目に関する回答が多く、多くの男性は見た目で女性を判断していることがわかります。意中の男性のお眼鏡にかなうかどうかは、恋愛に関して非常に重要なポイントです。

男はなぜ見た目重視なのか

男性が見た目を重視するのには理由があります。動物は本能的に優れた遺伝子を残そうとします。それは男女ともに同じですが、男性はこれまでの歴史を振り返ると、女性と比較してそこまで積極的に子育てには参加しません。子どもと過ごす時間が短いので、どうしても見た目の優劣で子どもを判断してしまうのです。

もう一つの理由は、女性は男性のステータスの一つとして扱われてきたという歴史があります。有力者であればあるほど美しい女性と結婚することができ、周囲に羨ましがられるという側面がありました。男性は社会的な生物です。社会からの評価が自分自身にとって大きな意味を占めるので、美しい人と付き合うということは社会的なステータスにつながるため、どうしても見た目を重視してしまいます。

男性はどこまで見ているの?

「キレイ」「カワイイ」の基準は人それぞれです。それをどこのレベルまで求めるのかも人それぞれです。ただ、化粧の下の素顔がどうなっているのかとか、肌のキメ細やかさとか、ムダ毛の一本一本までチェックしている男性は非常に稀です。多くの男性は、ある程度の距離から見て、見目麗しければそれで良しとしています。もちろん、美に関して細部までこだわりを持つことは悪いことではありませんが、意外と男性の見ている目線は大雑把であることを覚えておくと、気が楽になるかもしれません。

デブとぽっちゃりの境界線は?

「デブはNGだけど、ぽっちゃりは好き」という男性のコメントがありますが、どこからが「デブ」で、どこまでが「ぽっちゃり」なのか判断が難しいところです。ツイッターで議論されていたデブ・ぽっちゃりの境界線についてまとめてみました。

デブについては、「お肉がはみ出る」「胸よりウエストの方が太い」「肉割れがある」とデブ認定されています。

ぽっちゃりは「ムッチリ感がある」「ウエストラインがはっきりしている」「鎖骨が見える」という条件が挙がっていました。

彼がぽっちゃり好きで、ぽっちゃりを目指している人は参考にしてみてください。

ダイエットってどこまで必要?

「細くなりたい!」と過剰なダイエットに精を出す女性がたくさんいますが、実は男性はそこまで細い女性を求めていません。NTTコムが行ったアンケート調査によると、好きな体型の第一位は「普通」だということがわかっています。それどころか、細すぎると恋愛対象から外れてしまうことすらあります。また、ダイエットをしていくと脂肪から先に減っていきます。すると、脂肪でできている胸が小さくなってしまいます。

コブスオンラインの調べによると、男性の好きな胸のサイズ第一位はCカップで39%、第二位はDカップで32%、CDが7割以上を占める結果になっています。日本人の多くはB〜Cカップだと言われていますので、無理なダイエットをして胸が小さくなってしまうと、たとえ痩せることには成功したとしても、男性からの評価が下がってしまうかもしれません。