比べて実感!アラフォーにおける「結婚」の捉え方 あなたはメラニア型?それともカーラ・ブルーニー型?

アラフォー女子が結婚を考え過ぎると、自分はいったい何を結婚に求めているのか、わからなくなってしまうことも。経済的安定?子供?茶飲み友達?などなど。

そんな時は、いったんリセットして、流行の有名人の結婚話などをネタに自分の結婚を考え直したらいかが?

そんなモデルとしてピッタリなのが、アラフォーの少し先輩、トランプ米大統領夫人メラニア(今年47歳)と、サルコジ元大統領夫人カーラ・ブルーニー(今年50歳)。

二人に共通するのは、元モデルでファーストレディー、若い時のヌード写真が流出するなどのスキャンダルあり、年の差婚、おまけに超セレブ。

ただし、アラフォーが参考にできる結婚話は、二人の共通点ではなく違うところ。二人は結婚観が違います。

スロベニア出身のメラニアは、ユーゴスラビアから独立するまでの内戦なんかも経験している人。16歳でモデルを始めてから順調にスターダムにのしあがってきたわけだけど、不安定な生活の経験もしているはず。

そんなメラニアにとって結婚とは、まず自分が納得できるだけの十分な生活の安定が第一。

対するカーラ・ブルーニーは、両親とも芸術家の知的なフンイキの家庭で、母の不倫の末に生まれた生い立ちだけど、愛情もお金も何不自由なく育っている自由人。

こんなカーラが望む結婚は、自分の人生のキャリアアップにつながること。

当時、仏大統領だったサルコジと結婚したのも、たぶんにそんな気持ちが窺えます。サルコジが大統領として在任期間中はファーストレディーとして振る舞い、サルコジが大統領選に負けると、カーラはまた女優や歌手を始めています。

この二人を見比べると、女性全般にある2つのタイプがみえてきます。一つは、メラニアのように、結婚に自分が望む生活を期待するタイプ。

年収がいくらとか、身長がいくつとか気になるタイプです。ですが、こういうタイプは安定した生活が得られれば、後は受け身になれて、案外、ダンナを出世させるタイプになったりします。

対するカーラは、あくまでも人生に自己実現を求めるタイプ。自分のステータスをあげるような相手との結婚を求めます。

お互いに自由であって束縛しないとか、それでいてそれなりのステータスを持っている人をダンナにしたい。

あなたはどちらのタイプに近いですか?ここのところを、もう一度はっきりさせて婚活に臨むと、また別の一面が見えるようになってくるはずです。ご参考までに。

婚活パーティーの後が大事!アラフォーが初デートで気に入られるためのテクニック

婚活パーティーで男性とお知り合いになったら、次のステップは初デートになります。

でも意外と失敗しがちなのが、この初デート。

「1回会っただけで疎遠になってしまった…」というパターンも実は多いのです。

では、初デートで気に入られるためのテクニックを、事前にしっかりマスターしておきましょう!

1.お誘いがあったら「嬉しい」と素直に表現する

初デートが失敗するか否かは、デート前の連絡のやり取りも大きく関わっています。

まず相手に「今度会いませんか?」と誘われたら、「ありがとうございます、嬉しいです!ぜひお願いします」と素直に表現しましょう。

相手はドキドキして誘ってきているのですから、ホッとさせる言葉を丁寧に伝えることが大切なのです。

2.当日は「上品かつ無理のない服装」で

さあ、いよいよ初デート当日。

すでにお互いの顔は知っているわけですから、初デートで最も注目されるポイントは服装になります。

やはりこの時の服装は無難が一番なので、上品なスカートスタイルが良いでしょう。

ただし無理な若作りは避けたほうが◎。

頑張りすぎると服装だけが悪目立ちして、「あなた=ちょっと変わった服」というイメージを相手に焼き付けてしまいます。

3.自分の話は控えめにして「聞き役」になる

いざデートが始まったら、会話がメインになります。

お互いの仕事、趣味、休日の過ごし方、などが話題にあがるでしょう。

ただしここでは自分の話を控えめにして、相手の話を聞き出すことが大切です。

相手のことが分かれば今後の参考になりますし、相手に「熱心に聞いてくれる=自分に興味がある」と思わせることができます。

また、自分の話を控えめにすることで、少しミステリアスな印象を与えると共に、「今度は○○さん(あなた)の話も聞きたいな」と思ってもらえますよ。

4.相手の「好きなもの」に同調する

話をしている時はただ聞くのではなく、相手の「好きなもの」に同調しましょう。

たとえば好きな食べ物の話になったら、「それ私も好きです、嬉しい」と伝えるのです。

共通点が多いと好印象を与えられるので、今後もお付き合いしていきたいなら、ぜひ試してみてくださいね。

アラフォーが初デートで気に入られるためのテクニックまとめ

以上、初デートに必要な4つのテクニックをご紹介しました。

いずれにしても大切なのは、アラフォー女性の包容力を見せること。

相手に安心感を持たせて、「また会いたい素敵な女性」というイメージを生み出してくださいね!

男性が年上女性に惹かれる理由とは?

一度年上の女性と付き合うと、その後は同年代や年下の女性を恋愛対象として見ることができなくなってしまうという男性もいます。それはある意味男性の潜在的な問題かもしれません。世の中の男性の8割がマザコンだと言われているように、男性はどこかで母親のような安心感のある女性を求めています。もちろん男性の方が精神年齢が低いことを考えれば同年代でも年下でもその条件はクリアしているのでは?と思うでしょうが、男性にとって年上の女性というだけで何故か甘えることができる存在だという認識があります。

スポーツ選手の奥さんは断トツで年上女房が多いですが、それは普段外で精神的にも肉体的にも限界まで頑張っている男性に優しく、時には厳しく叱咤激励することでやる気を引き出し、手のひらの上で転がすことができるからと言えるでしょう。

また男性はいくら仲の良い友達にも本音を言わなかったり、職場の同僚や上司には気を使いながら生きているので、彼女といる時くらいはリラックスしたいモノです。ところが年下女性と付き合えば「聞いて!聞いて!」とつまらない話につき合わされたり、疲れているのに「どっか行こうよ!」と休みの度に彼女の行きたい所につき合わされたりと…なかなか気が休まる時間が確保できません。その点年上女性は経験豊富なだけあって、愚痴の聞き役に徹してくれたり、休みの日はササッとご飯を作ってくれたりする気の効いたところがあるので、一緒にいてリラックスできると言うのも大きなメリットでしょう。

しかし女性から見ても年下男性は可愛いので、ついつい甘やかしてしまうということもありますが、それで調子に乗って経済的にも甘えてくるような男性には気を付けないといけませんね。

アラフォーだからといって需要がないなんて思う必要はありません。世の中には年上女性の魅力を知っている男性は山ほどいるので、年上ならではのメリットを大いに活かして可愛らしい年下男性を虜にしてしまいましょう!