恋愛にも応用できるメラビアンの法則!

第一印象はいいんだけど、話をしてみるとガッカリしてしまう人っていますよね。

男性でも話がつまらないとか、「ハ?」とか「ン?」とかで返す癖があるとか、ほんの些細なことでも会話はその人のイメージを大きく印象づけていきます。

女性の場合も同じです。特に婚活中は自分を知ってもらうために、さらには自分の良さをアピールするために話をする機会が増えてきます。

会話で気をつけなければならないのは、内容だけではありません

そんな会話の中で「何を話そうかな?」「こんな話ばかりじゃ男性は退屈かな?」と話の内容に気を使いますが、会話時の印象を左右する要素は「内容」だけではありません。

内容よりもむしろ「表情」や「声」にあるのです。

人の印象に関する有名な実験研究の「メラビアンの法則」では、会話の中で聞き手が受けとる情報の優先順位は、

  • 話し手の表情や態度などの見た目の印象55%
  • 声のトーンや抑揚などの耳で感じる情報が38%
  • 話の内容が7%

となっています。

これは単に話の内容よりも見た目が大事!というものではなく、話の内容と矛盾した表情や声のトーンだと、その表情や声のトーンによる印象のほうが強く伝わってしまう、というものです。

このメラビアンの法則はビジネスシーンだけでなく、恋愛でも応用できます。

素直になれないアラフォー女性の落とし穴

若い頃のように、素直に喜怒哀楽を表現できていますか?それができているアラフォー女性はなかなかいないと思います。職場での立場や大人のたしなみとして、自分の気持ちを抑えることが染みついてしまい、それがあたりまえになっていませんか?

たとえば本当は会えてとても嬉しいのに、「がっついている」と思われたくなくてそうでもない曖昧な表情になってしまう……。

このときに言葉で「会えて嬉しい」とは言えなくても、「お久しぶりです」なら言えますよね。

その「お久しぶりです」を最大限の笑顔と明るい声で言ってみると、相手には「会えて嬉しく思ってくれているんだな」と、好意が伝わります。

言葉と表情、声のトーンの矛盾をうまく使うのも手です!

また、大人の女性は不安で心配な時も笑顔で「大丈夫!」と言ってしまいがちです。

しかし思いのままに不安や心配事を暗い表情で長々と話しては、相手も嫌な気分になってしまいます。

ここは内容と表情、声のトーンの矛盾をうまく使って、ちょっと暗い顔で「大丈夫…」と言ってみたり、明るい表情で「意外と悩んでいるんですよ」と伝えてみたりして、相手に「アレ?ホントはどっちなんだろう?気になるな」と思わせるのもいいでしょう。

会話は内容だけでなく、表情や声のトーンにも意識をおいて、相手との距離を縮めるチャンスをつかみましょう。

コメントを残す