アラフォー女子が婚活パーティーに参加する前に意識したい3つのポイントとは

ここではアラフォー女子が婚活パーティーに参加するときに意識したいポイントを35つ紹介していきます。

男の本音として、「若くてきれいな女性が良い」というのがやはり頭にあります。

この「若くて」という部分がアラフォー女子の弱点です。

そこをいかに補うようにカバーできるか。

相手の考え方を理解し、自分のメリットとなる部分をアピールすることでチャンスが広がってきます。

応募条件の年齢をチェックする

例えば、あなたが39歳の女性だとしましょう。

婚活パーティーの参加条件に「20歳から39歳の女性」と記載されていたとします。このパーティーには、確かにあなたも該当するので参加することに問題ありません。

ただ参加できるだけで、成果は限りなく難しいです。こういったパーティーでは、20代の女性も多数参加します。つまり、常に若い人と比較される状況に置かれます。

このような状況であなたが20代と間違われてしまうような美しい美貌だったら、チャンスもあるかもしれませんが、一般的に考えると極めて厳しい状況。

応募条件の年齢は、余裕を持った条件の時に参加すべきです。

  • 30歳から45歳の女性
  • 35歳から45歳までの女性

こういったなら十分チャンスがあります。

逆に「40歳から50歳」などと、上限の幅が広すぎるのも、ちょっと考えものです。

50歳近い女性でも良いと考えている男性は50代や60代、あるいは70代の男性も考えられます。40歳前後の男性が良いと考えている女性には、向いていないパーティーです。

自分と同年齢ぐらいの女性が参加していたほうが、見た目の若々しさで圧倒されてしまうということもないですから、安心して参加することができます。

普段から自分が美に対して気を使っていれば、より一段と若々しさが引き立つはずです。

1対1形式の婚活パーティーに参加する

婚活パーティーには様々な形態がありますが、個室を利用した1対1の婚活パーティーがあります。だいたい男女それぞれ8人から10人ほどが参加し、女性が個室に待機し、そこに男性が入れ代わり立ち代わり訪問するという方法です。

この婚活パーティーのメリットは、まず他人を気にしなくて良いこと。どうしてもライバルとなる女性が周りにいると、男性は比較します。

  • 「こちらの女性のほうが若々しくて綺麗だな」
  • 「こちらの女性のほうがおしとやかな感じがあって良いな」

口には出さなくても視線や態度が無意識に出て、比較されやすくなります。また複数名の婚活パーティーだと、どうしてもよく喋る人、喋らない人などの性格が分かれてきます。

そういった状況だとよく喋るアラフォー女性は、男性にとって「うるさい」と感じることもあります。逆に喋らないアラフォー女性に対しては、「この年齢までずっとこんな暗い感じで過ごしてきたのかな……」などとマイナスに取る男性もいます。

このように複数名の婚活パーティーは、非常に立ち振る舞いが難しいです。それだったら1対1の個室で喋ったほうがゆっくり話せますし、本来の自分をさらけ出し、落ち着いて会話することができます。

アラフォーになってからは、大勢が参加する婚活パーティーではなく、ゆったりとした空間を確保している1対1形式の婚活パーティーのほうが合っています。

妥協せずじっくりと!

一般的に婚活は、「あまりにも妥協せず相手の条件にこだわりすぎると、次第に相手が見つからなくなる」と言います。

ただ、アラフォー女子の場合は、条件にこだわっても良い年齢に差し掛かっていると言えます。

2人の今後の生活を考えると、老後についても視野に入れなくてはいけません。あまり収入がなく、将来性がない男性と生活すると、かえって苦労するだけです。

それだったら1人で生活したほうがまだマシという女性もいるでしょう。妥協しても明るい未来が待っていません。

アラフォーになって妥協しなくていい理由として、「相手の男性が子供を望まないケースも出てくる」ということが挙げられます。

「アラフォー女性=男性が子供を諦めている」というわけではありませんが、「子供よりも2人の生活が幸せならそれでも良い」と考える男性も増えてきます。

つまり、38歳でも42歳でも男性からみて、そこまで評価が変わるわけではないのです。それだったらじっくりと時間を掛けて、相手を見極め、男性を選択したほうが良いです。

  • 相手は今の会社に勤めて勤続何年なのか?
  • 相手の親は病気や怪我を患っていて、介護を必要としていないか?
  • 過去の離婚歴はないか?
  • バツイチなのか?
  • 子持ちなのか?
  • 現在の年収はどれくらいなのか?
  • 直近10年の年収推移はどれぐらいなのか?

こういったものを全て把握してから結婚を視野に入れたほうが良いです。話の内容によってはすぐに聞きにくいものもあるので、数回デートを重ねてから徐々に聞いていくのが良いのがよいでしょう。

妥協してしまうと、失敗したときやり直しが利きにくい年齢に達してしまうので、注意しましょう。

コメントを残す