人の印象は会って最初の3秒で決まります。

人の印象は会って最初の3秒で決まります。

これは、よく言われていることですけれども、多くの人がその本当の重要性を理解していません。

最初の3秒で決まるということは、その時に集中すれば、少ない労力で大きな見返りがあるということなのです。

多くの人は、最初の3秒で印象が決まるということは知っていても具体的なアクションをどうすればいいのかを考えません。

最初の3秒の戦略」をきちんと考えておけば、出会いの場で圧倒的に優位に立つことができるのです。

それでは、具体的に最初の3秒でどんなことに気をつければいいのでしょうか。

笑顔

笑顔が大切なんてだれでも知っていることですよね。でも実際には多くの人がきちんとした笑顔を知らないのです。

写真を撮るときに「笑顔になってください」と言われてうまく笑顔を作れなかったことはありませんか? もしくは、写真に写った自分が笑顔じゃなかったなんていう経験はありませんか?

そうなんです。あなたが思っている笑顔は足りないんです。あなたがしている笑顔からさらにすこしだけ口角を引き上げてください。それがあなたの正しい笑顔です。笑顔になりすぎるくらいでちょうどいいんです。

それに、口角を上げると楽しそうな人に見えるだけではなくて、頬の位置が高くなって健康的で若々しい人に見えるんです。

挨拶

あなたはどんな「はじめまして」や「おはようございます」を言っていますか?

早口すぎませんか? 声が低すぎませんか?

自分で自分の声を録音して、最高の挨拶を見つけてください。

面倒ですか?

だけど、最初の3秒で人の印象が決まるということを知っていれば面倒だとは思わないのではないでしょうか。

おすすめは、スマホのカメラで自分の挨拶を動画で撮ってみることです。ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、いろいろなパターンを撮影してみてください。

きっと、印象があまりにも違ってくるのでびっくりするはずですよ。

姿勢

もちろんデートの間は常に背筋を伸ばすのが好ましい。

だけどそれが難しいならせめて最初に会う瞬間だけでも、最高の姿勢を保ってください。

  • 背筋を伸ばす
  • 顎をひく
  • お尻に力を入れる

姿勢が良ければ知的に見えます。綺麗に見えます。健康に見えます。

さらに、相手からの印象だけではなくて、自分の内面が変わります。ポジティブになります。そして、人はポジティブな人を好きになるのです。

たったそれだけのことで、イメージを良くすることができるんだから、意識しないのは損ですよね。

目を見る

目を見るのが苦手な人っていますよね。実はわたしもそうなんです。どうも、相手の目を見る時間を増やせない。

でも、たとえ、普段は相手の目をあんまり見えなかったとしても、一番最初に会った時にはしっかり目を見て挨拶してください。

目をそらしながら挨拶すると「この人は自分に良い印象を持たなかったのかな?」と誤解されてしまいます。

目を見ることで、人は感情が揺さぶられます。その揺さぶられている瞬間に、良い第一印象を残して、自分への好感を確固たるものにしましょう。

また、相手の目を見るときには、目だけを向けるのではなくて、顔全体、体全体を相手に向けてください。斜めに構えてしまっては、不遜な印象を与えてしまいます。かならず相手に敬意をもって正面から挨拶をしましょう。

コメントを残す