婚活パーティーは結婚への最短距離

婚活パーティーと聞くと、「ガツガツしてると思われて恥ずかしい」、「どうせろくな人間はいない」と思っていませんか?それは間違った解釈です。婚活パーティーは現在の主な出会いの場といっても言いでしょう。

それぐらい、近年では出会いの場として浸透しているものなんです。

結婚をしなければいけないと焦ってくる年齢は人それぞれだと思いますが、焦る必要はありません。

婚活パーティーでは年齢別にパーティーを企画している事が多いので、自分の年齢に合った婚活パーティーに参加すればいいのです。

具体的に婚活パーティーを参加して結婚まで至ったプロセスを私の例を挙げて説明しましょう。

私が参加した婚活パーティーは30代限定の大人が参加するパーティーでした。男性の申し込み条件が年収550万以上という部分に惹かれたんです。

当時私は35歳でした。女性の申し込み条件が35歳までだったので、ギリギリ年齢制限に引っかからなかった形ですね。

パーティーの流れを簡単に説明しますと、まずは受付を済ませて、指定された個室に案内され男性と一対一で会話をする流れでした。15人程度の参加者で一人当たり5分程度話す事が出来ました。最初は時間が少ないかなと思ったんですけど、相手の性格を見るには充分な時間でした。伊達に年をとったわけじゃないなとこの時感じましたね。

その後、タブレットを利用して気になった男性を選べばOK。相手もいいなと思えばマッチング成功という流れでした。時間にすると2時間程度のパーティーだったと思います。

無事にマッチングが成功したので、その日から彼と連絡をするようになりました。正式に付き合い始めたのはパーティーから半年後でしたね。

それからおよそ2年間交際して結婚する事が出来ました。結婚してみて思ったのは、あの時婚活パーティーに参加したのも運命だったのかなと思います。

ネットサーフィンをしていて、たまたま見つけたんです。普段の私なら絶対にそんなアクティブな行動はしないんですけど、その日は何故か躊躇なく参加しようと思いました。

今考えると不思議な事だなって思っています。

コメントを残す