男性の前で積極的になれない女性が試したいこと4つ

男性との出会いを求めているにもかかわらず、いざ男性を前にすると積極的になれない女性は少なくありません。

せっかくの出会いも「俺、嫌われているのかな?」と思われたらもったいない!

つい、緊張で消極的になってしまうタイプの女性は、この4つを試してみましょう。

1.「すみません」から「ありがとう」に変える

メールでも会話でも、男性からの褒め言葉やささいな一言に「そんなことないです」「すみません」という返事をしていませんか?

謙遜も相手にとっては否定された気分になる場合が……。

「可愛いね」「似合ってるね」「これしてあげるよ」という男性の言葉には「すみません」ではなく「ありがとう」と言い方を変えましょう。

たった一言で、明るい印象をアプローチできます。

2.メールは絵文字をたくさん使う

特に知りあった直後は、相手の男性にタメ口を使うのは難しいところ……。

ですが「そうなんですか?」「良かったですね」という丁寧語は、距離感を抱きやすいです。

そこで、無理せず雰囲気を変えるのに絵文字がおすすめ。初めのうちは意識して、可愛らしい絵文字や顔文字をたくさん挿入しましょう。

「そうなんですか?(´∀`*)」「良かったですね(≧∇≦)」

同じ言葉でもグンと内気なイメージが減ってくれます。

3.初デートでは、手と手をあわせてボディタッチ

デートでのボディタッチはとても効果的ですが、積極的になれない女性には至難の業。
そこで、初デートでは自分の手のサイズを相手の手を使って測りましょう。

「私、手がとっても小さいんですよ」
「女性にしては大きいんですが、ピアノでも習えば良かった~」

大小問わず、ちょっとした一言を添えてさり気なくボディタッチができます。

ボディタッチは、お互いの緊張感もとれるのでおすすめです。

4.食事だけ…映画だけ…でも、ラグジュアリーな下着をつける

最後に、行動だけじゃなくて気持ちから積極さを出すなら、下着にこだわるのもポイント。

「今日はそんな予定じゃないから」

と、思う女性も、やっぱり素敵な可愛らしい下着をつけると、気持ちがピンッとなりますよね?

その気持が笑顔やしぐさといった明るさに繋がっていきます。

もちろん、思いかけない予定変更でもしっかり対応!

女性らしい気持ちのアップには、とっておきの下着をつけるのが一番です。

どれも、無理なく気軽に取り組めるちょっとした行動ばかり。

自然とこれらができるようになれば、もう消極的な自分にはサヨナラできますよ。

コメントを残す