失恋を乗り越えて次に進む方法

婚活をしていたら、失恋はつきもの。

自分がいいなって思った男性から連絡が来なくなったらとても落ち込みますよね。

さっさと次の行動を起こさなきゃいけないのに、いつまでも落ち込んでいる。

そんなときにはどうしたらいいでしょうか?

シロクマ実験

1987年にアメリカの心理学者であるウェグナー(Wegner, D. M.)という人物によって「シロクマ実験」が行われました。

まずたくさんの人を集めて、それを3グループにわけます。

そしてシロクマの映像を見せます。ちなみにシロクマは印象がない動物だからです。

そして見終わったあと、3つのグループに次のようにいいます。

  • 「シロクマのことを覚えておいてくだい」
  • 「シロクマのコトを考えてもいいし考えなくてもよい」
  • 「シロクマのことだけは考えないでください」

一年後に、シロクマのことをもっとも覚えていたのは「シロクマのことだけは考えないでください」と伝えたグループだったのです。

考えないようにしたら考えてしまう

つまり、考えようとすればするほど、記憶は増強されてしまうのです。あなたが失恋のことを忘れよう忘れようと思えば思うほど、彼との記憶や失恋の痛手は増幅していくのです。

失恋をしたら、彼のことを目一杯考えて考えてください。紙に彼との思い出を書き出してください。彼の写真を見つめてください。

せいいっぱい心が満足するまで失恋のことを考え続けるのです。

どんなにつらいことだったとしても、人間は、そのことを考え続けると、対象に「飽きて」しまうのです。

彼のことを徹底的に考える。それが失恋の痛手を乗り越える最良の方法なのです。

気分が落ち込んでいるときは元気な人と会わない

気分が本当に落ち込んでいるときは、元気な人と会わないというのも大切です。

うつ病の人は、元気いっぱいのひとと一緒にいると、そのときは楽しくても、その後、反動で一気に気持ちが沈んでしまうそうです。

だから、できれば最近、つらい出来事があった友達と一緒に傷を舐め合うようにしてください。

それが無理なら、インターネットで失恋をしたブログを読んでみてください。

(江部ようこ)

コメントを残す