「熟女」を利用して婚活市場で勝利する方法

アラフォー女性は熟女?

男性の好みに「熟女」というジャンルが存在します。

このジャンルは非常に人気があり、いわゆる美少女・ギャルといわれる10代後半や20代前半の若い女性を中心としたジャンルにも決してひけを取りません。

熟女ジャンルの人気の理由に挙げられるのは、その年齢層の幅です。ものによっては、20代の人妻ものから、60代近くの女性を取り扱ったものなど、一口に熟女と言ってもその幅広さは計り知れないものがあります。

そして、アラフォー女性という言葉を聞いたとき、真っ先に男性が思い浮かべるのが、「熟女」という言葉です。それは、アラフォーの年代がだいたい熟女の平均だからです。 ハッキリ言えば、まず間違いなく「若い女の子」などとは思ってはくれません。

最近テレビで話題になっている「美魔女」という言葉もありますが、男性からしてみればあまりピンと来ない馴染みのない言葉です。むしろ、自分のことを「美魔女」と言い張ることを、無理に若作りして見苦しいと思われることもあります。

つまり、アラフォー女性=熟女ということを受け入れ、そういう目で見られているという意識を持つことが、アラフォー女性にとっても大切なことだと言えます。

熟女はマイナス材料か?

しかしながら、この熟女というステータスは場合によっては非常に大きな武器となってくれます。

まず、熟女が好きな男性の大半は、「女性に甘えたい」「人生経験豊かな女性にリードされたい(したい)」という願望を持っています。つまり、熟女を求める男性の目的は、単純な外見だけでなく、その女性の内面ということになります。

自分の気持ちを思う存分ぶつけても受け入れてくれる懐の深さがある。そう思わせる熟女に、熟女好きの男性は惹かれるのです。

よく高齢の女性が結婚する時に大事なこととして、「外面よりも内面重視」ということが言われていますが、必ずしもそうではありません。人は第一印象ですべてが決まると言われているように、男性が一目見て結婚したいと思えるアラフォー女性とは、そういうおおらかさを持つ女性、ということになります。

この点を無視して「内面さえ認めてもらえればいい」というのは、自分勝手な都合ということがお分かりいただけるのではないかと思います。

どうすれば理想の熟女になれるのか?

とは言え、無理に「熟女」というステータスを演じる必要はありません。それよりは、自然体でいる方が、男性からの好感度は高まります。

「顔にシワがある」「中年太りであまりスタイルが良くない」など、努力してもなかなかどうにもならない部分も、熟女好きな男性にとってはあまりマイナスな点にはなりません。

重要なことは男性を見るときの場合と一緒です。「清潔であること」「身だしなみを整えること」などは年齢を重ねた女性なら最低限守っておきたいことです。また、「荒い・汚い言葉を極力使わない」ことで、精神的に大人な女性であるアピールにも繋がりますし、内面的な自分磨きにも繋がります。

極端な若作りではなく、今の自分の年齢を受け入れたファッションを心がけることも大事です。髪や服の色合いも、原色などのド派手なものではなく、彩度の低いものを選ぶことで落ち着いた大人の女性であるアピールにも繋がります。

男性が女性に惹かれる最初のきっかけは、年齢に関わらずまず自分の想像力を掻き立てられるかどうか。逆の立場のに立ってよく考えることが、長い結婚生活には大切なことだと言えます。

コメントを残す