相手に振り向いてもらうための3つのメールテクニック

今、振り向いて欲しい人はいますか?

  • 「メールをしても長続きしない」
  • 「メールの返信が途切れた」
  • 「メールをしていても会ってもらえない」

こんな悩みを持っている人も多いです。

今回は、相手に振り向いてもらうためのメールのテクニックを3つご紹介します。

男女ともに使えるテクニックですので、ぜひ参考にしてくださいね。

メールの即返信はしない

好きな人からメールやLINEが来たら、うれしくてすぐに返信したくなりますよね。

しかし、ちょっと待ってください。まだそんなに好きでもない人からすぐに返信が来ても、さほど嬉しくはありません。急にメールが来なくなった、という経験はありませんか? それは、即返信が原因かもしれないですね。

メールの即返信は「重い」という印象を与えかねません。

相手の心境は、次のように変化します。

返信が早い人だな

暇なのかな?

メールを返すのしんどいな

無視

恋人ではないなら、最低でも3時間は開けたほうがベターです。

どのくらいの頻度で返せばいいのかわからない人は、「相手の返信速度に合わせて」返信してください。6時間後に返信があるなら、自分も6時間くらいは空けるという事です。

相手に合わせることで、重い印象を与えることを回避できますので、ぜひ活用してみてください。

相手の興味があることに、全精神を注ぐ

人間は、自分の話しをしているときが一番楽しい生き物です。

相手の好きなこと、仕事のこと、趣味のこと、何でも良いので聞き出し会話を盛り上げてください。何か1つ、自分と共通点があるはずなので、そこからまた会話を広げていく…こういった地道な努力が必要です。

あなたは相手の好きな食べ物、趣味、休日の過ごし方を知っていますか?知らなければ、少しリサーチ不足です。友人・知人などにも聞きこみをし、情報を集めましょう。まずは相手の事を知ることが大切です。

名前やニックネームで呼ぶ

苗字ではなく、名前で呼ばれると嬉しく感じませんか?

メールでも同じように名前で呼びましょう。

これはメールでも同じで、「名前で呼ばれると、呼んでくれた人に好意を持ちやすくなる」という心理を利用したものです。

できれば、下の名前「◯◯さん」「◯◯くん」や、ニックネームがあればそれでも良いですね。メール中の使用頻度は、1メールに1回です。これ以上呼ぶと、違和感を与えてしまう可能性もありますので、ほどほどにしましょう。

今回はメールのやり取りで使える、3つのテクニックについてお伝えしました。簡単に送信できるメールですが、誤字脱字がないか、変な言い方をしていないか、しっかりチェックして送るようにしてください。

言葉が聞こえない分、メールは文字に重みが増しますので、このことを理解して今回のテクニックを使ってみてくださいね。

コメントを残す