婚活パーティーで気になる人に印象を残すための会話術

たくさんの人が集まるパーティーだと、一人一人と接する時間が短くなります。限られた時間の中で、どれだけ意中の人にアプローチできるかが勝負です。ちょっとした会話の中で「あの子が気になる」と思わせる会話のコツを見てみましょう。

明るい笑顔は相手に印象を残す

婚活パーティーで気になる人に良い印象を持ってもらうには、明るい笑顔が重要です。ずっと相手を見ていると緊張してしまうので、口元・鼻元などを見ながら話しましょう。話の要点で相手の顔をぱっと見て目を合わせると、印象に残ります。相手の顔を見たときに、大げさなくらいの笑顔をすると好印象。上手にリアクションを交えながら、流暢に会話を進めます。

会話術というと「自分が話さないと」と思いがちですが、相手の話を引き出せば大丈夫です。自分からお話を進めなくても、自然にコミュニケーションが進みます。緊張して笑顔がこわばってしまう方は、鏡を見ながら笑顔の練習をしてみましょう。

共通の話題を見つけよう!

何を話したら良いのか分からないという方は、共通の話題を探してみます。仕事や趣味に関することなど、何らかの共通点が見つかるはずです。婚活パーティーなら、事前にプロフィールが分かります。とくに気になる人に対しては、どんな話をするか考えたうえでアプローチしましょう。何とか話をあわせても、途中でコミュニケーションがストップします。つじつまがあわなくなるとよくないので、無理をする必要はありません。相手の好きそうな話題をふって、話をふくらませるのもひとつの手です。意中の人が決まっている場合には、ぜひ試してみてください。

ハッキリと結婚の話題をするのはアリ?ナシ?

集まる人の年齢層や意識にもよりますが、安易に結婚を強調するのは避けたいところ。「誰でもいいから結婚したい」と思われると、男性が遠のいてしまいます。女性よりも男性はロマンチック。婚活していたとしても、恋愛の結果としてゴールインするのが理想と考えるためです。年収・職業などのスペックが良い方ほど、会話の内容に敏感です。肩書きだけで自分が選ばれたと気付いた瞬間、感情が沈むこともあります。

あくまでも内面を見て、相手に好意を持っていることを伝えましょう。一般的な会話で盛り上がるほど、好印象を持たれるはずです。なお、男性から結婚希望時期などの話題がでた場合は例外と言えます。真剣にパートナーを探している姿勢を見せると良い印象を持ってもらえることがあります。結局のところ、アリかナシかは相手次第。反応を見ながら、慎重に会話を進めてください。

紹介した内容をおさえておけば、人見知りの女性でもしっかり印象を残すことができます。とはいえ、肩肘張って挑戦するより自然体で接すること。強くアピールしたり主張したりしないで、楽しくおしゃべりできれば大丈夫です。会話上手は聞き上手という言葉もあります。相手に楽しんでもらうことを意識して、上手にコミュニケーションをとりましょう。

コメントを残す